胃の調子が悪い時は、甘酒で効果があった?!腸内環境を改善すると便秘と胃腸が改善される訳。

この記事は約2分で読めます。

こんにちは、長年の便秘に悩まされていたのりっぺです。施設の管理栄養士を20年以上勤めて、食事には気をつけていたのに一向に便秘は改善されなかったんですよね。

体質だから仕方ない・・と思っていた便秘がまさかの十穀米甘酒で改善されました。

そこで本日は、甘酒で腸内環境が改善されると便秘や胃腸の調子がなぜよくなったのか・・をご説明していきます。

甘酒に含まれるオリゴ糖が腸内環境を整え【便秘】に効果

腸内環境を整えるには、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やさなければなりませんが、その善玉菌を増やすための餌がオリゴ糖なのです。その名のとおり、糖分なのですが、オリゴ糖は腸内環境を整えて便秘やお通じの改善に効果を発揮してくれます。

甘酒に含まれるビタミンBが胃の粘膜を保護して「胃腸炎」に効果

甘酒には酒粕から作るものと、米麹から作るものと2種類あります。胃腸炎の際に、飲むと効果を発揮すると言われているのが「米麹」から作った甘酒。

米麹から作られたものは、麹菌によってブドウ糖へ分解されているので消化に良く、胃腸への負担が少なく栄養豊富な飲み物。

さらに米麹から作る甘酒はノンアルコールのため、身体への刺激が少なく、傷ついた胃の粘膜をしっかりと保護してくれるビタミンBを豊富に含んでいるため、胃腸炎によいと言われています。

【甘酒】で胃腸の調子が改善された生の声

【女性に人気】食べる十穀米甘酒で胃腸の調子が良くなった!?

まとめ:胃腸炎の時に健康効果のある甘酒は継続が大事

甘酒には腸内の善玉菌を増やしてくれる効果だけではなく、胃腸を正常な働きに保つ効果や良質な睡眠をとれるリラックス効果をもあります。

「甘酒を食べだして、夜起きなくなりましたー」

「甘酒を食べだして、胃の調子がよくなりました。早く甘酒に出会いたかったです」と言われる方

胃腸炎などで辛い症状に悩まされた時は、効果的な健康効果をもたらす「甘酒」を少しずつ摂取してみてはいかがでしょうか。

甘酒は毎日摂取することで腸内環境を良い状態に保ってくれるため、継続されることをおすすめします。

今回、胃の調子が改善された声を頂いたが甘酒が十穀米甘酒です。

詳しい説明は↓↓をクリックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました