40代からの健康法、十穀米甘酒でワンランク上の美容と健康効果を!宮崎県串間市から全国に発信中!

“発酵食たっぷり”の朝ごはんや朝市へ出店の様子などを紹介されました。

LINE以外でのお問合せ・ご注文はこちらから

「ごあいさつ」

「ごあいさつ」

私が十穀米甘酒を製造販売するようになったきっかけ

んにちは、宮崎県の最南端、串間市で「まるカフェ」のオーナーをしているのりこです。 実は私、カフェを始める前までは「便秘」に悩まされていました。 3日に1回しかお通じがないのは当たり前。便秘に良いと言われる事を試してみても、改善の気配がなかったので体質だと諦めていました。ある日母が「甘酒を食べると病気にならないのよ」と言ったのを思いだしたので甘酒を作って食べ続けると便秘が改善されました。 せっかくなら毎日食べたくなるように美味しく、栄養価の高い甘酒にしたいと試行錯誤して出来上がったものが十穀米甘酒です。 十の雑穀(押し麦、胚芽押し麦、もちあわ、もちきび、もち麦、玄米、もち玄米、もち米、はだか麦、黒米)雑穀は食物繊維やミネラルを手軽に補給できるサプリメントのような食材。雑穀は食べるエステ。黒米でほんのり紫色、つぶつぶとした食感で噛む回数が自然と増え、善玉菌をふやして腸内環境を整えてくれます。 腹持ちがよいのでダイエットにもなります。 麹の発酵したやさしい甘さは、そのまま食べても美味しくいただけます。 便秘症が十穀米甘酒を毎日食べ続けたことで解消。その体験から便秘で悩んでいる方へ十穀米甘酒をお届けしたいと販売するようになりました。

十穀米甘酒で、腸内細菌を改善!便秘解消効果も!

実は、体の免疫細胞の60%は腸に集まっています。腸内の免疫細胞を活性化させるには、腸内の善玉菌を増やすことです。米麹自体が善玉菌なのです。 甘酒はブドウ糖などの栄養素が豊富で、善玉菌のエサになります。腸内環境が改善されれば、便通もよくなり、体温が上がり冷えの解消にもつながります。 「おおたけ消化内科クリニック」の大竹真一郎院長は、米麹の甘酒は腸内の善玉菌が増え、免疫機能を高める効果が期待できると語っています。
女性に人気!十穀米甘酒のクチコミ【便とおならが臭くなくなった】
管理栄養士のりっぺが長年に便秘が改善されたので、宮崎県串間市から十穀米甘酒をお届けしています。甘酒が苦手な方でも食べれるように作りました。崎県産米・十穀米・麹を使って発酵しています。詳しい説明は↓です。

十穀米甘酒を毎日食べると良い変化が

お腹の調子良い変化がありました・・との声多数頂いています。
「食べる十穀米甘酒」便秘改善の食べ方

十穀米甘酒で脂肪を分解して痩せ体質!いつまでも変わらない体型

甘酒にはたくさんの酵素が含まれています。その中には「リパーゼ」という脂肪分解酵素も含まれていて、中性脂肪を体の組織のエネルギー源に変える役割を担う際に必要です。 また、「プロラミン」という食物繊維に近い機能を持つ物質が含まれています。プロラミンには便通改善や肥満抑制、さらにコレステロール排出促進といった生理作用が示唆されていることから、ダイエット中の人におすすめしたい難消化たんぱく質の一種です。 ブドウ糖には血糖値を上昇させる効果があるため、甘酒を飲むと満腹感を感じられます。さらに豊富な栄養素が含まれているため、食事量を減らしても栄養を確保できます。食前に飲んだり、朝食に置き換えるのがおすすめです1日2回甘酒を食べて2ヶ月弱でマイナス5キロの方も・・

十穀米甘酒ご愛用者様の声

食べる十穀米甘酒で、肌がきれいになったと感じた!
宮崎県串間市在住、管理栄養士のりっぺです。長年の便秘が十穀米甘酒を食べるようになって改善されました。お客様にテイクアウトとして販売しはじめると口コミで人気となりテレビで取材されるほどに!十穀米甘酒を食べて肌がきれいになったと感じるお客様・・・。甘酒に秘めれたパワーで体調がよくなった方の感想をシェアします。心と体が...

十穀米甘酒で疲労回復!朝の目覚めがスッキリと!

こんな方に甘酒をオススメしたい ● 何となく体がだるい ● 栄養ドリンクはちょっと苦手 ● 低コストで疲労回復したい 甘酒の主な栄養素であるブドウ糖とビタミンB群は、疲労回復効果の高い栄養素です。また、米麹甘酒には疲労回復に必要なビタミンB群が豊富です。米麹甘酒にはビタミンB1、B6、B12などのビタミンB群が豊富に含まれています。 どの栄養素も大切ですが、ビタミンB1が不足すると疲労物質がたまり疲れやすくなったり、イライラしたりしやすいと言われています。さらに甘酒に含まれている「麹菌」は栄養の消化吸収を助ける働きがあります。つまり効率よく栄養を吸収し、エネルギーに変換できるということ。だから甘酒が「飲む点滴」と言われています。米麹甘酒はアルコール0%なので、子どもや妊婦さんでも安心して飲むことができ母乳の出を良くする効果もあります。 ぜひ、大切なお友達にも教えてくださいね♪

甘酒習慣を長く続けるための、正しい保存方法

ファミリーサイズ330g、お手頃サイズ200g 消費目安:1パック(200g)約4~5日分です。 栄養成分表示:(100g当たり)エネルギー168kcal/たんぱく質3.0g/脂質0.3g/炭水化物38.2g/塩分相当量0g
  ※冷凍の賞味期限を記載しています。
冷凍時の試験検査の結果です。製造日より2ヶ月後の安全性を確認しています。
冷蔵保存 開封されましたら1週間を目安にできる限りお早めにお召し上がりください。 冷凍保存 まとめ買いをされる方は、残りは冷凍で保管してください。 冷凍保存しても栄養素や味には影響ありません。雑菌は0℃以下だと繁殖できなくなります。冷凍後の甘酒は少々硬いですがスプーンですくい出すことができる硬さなので凍らして食べられる方もいます。

LINE以外でのお問合せ・ご注文はこちらから

十穀米甘酒習慣をもっと美味しく!

十穀米甘酒はいろんなアレンジができるので、お料理の幅も広がります!
ジャムの代わりにちょっと甘めの十穀米甘酒でヘルシーに。 甘酒クリームをパンにはさんで、リッチなパンに! 十穀米甘酒100g+生クリーム200g(泡立てた生クリームに十穀米甘酒を入れてね) ( おススメはヨーグルトの上にスプーン2~3杯のせて食べるといいかも。 例)ヨーグルト60ℊ 十穀米甘酒大さじ2(40ℊ) (105kcal たんぱく質3.1ℊ 脂質2.2ℊ 炭水化物18.1ℊ) 野菜ジュースと混ぜてもgoodです。
もちろんそのまま食べても美味しいです。 忙しい朝の救世主 甘酒スープ 十穀米甘酒80ℊにお湯150ml (134kcal  たんぱく質2.4ℊ 脂質0.2ℊ 炭水化物30.5ℊ) 手軽にたんぱく補給 豆乳甘酒ドリンク 豆乳150㎖に十穀米甘酒30ℊ加えるとたんぱく質と発酵食が同時にとれて飲みやすさup! (146kcal たんぱく質9.9ℊ 脂質5.5ℊ 炭水化物16.8ℊ)

食べる甘酒

飲む甘酒ではなく、水を少なめにして作った濃厚な甘酒です。お砂糖の代わりに調味料としても使え、お湯などで薄めれば飲むタイプにも変身する万能な甘酒です。

🍴甘酒を使ったレシピ

https://nutritionistnoa.com/?p=867

発酵食たっぷりの朝ごはんやアレンジレシピ

試しやすい簡単レシピで、自分のお気に入りの食べ方を見つけて甘酒習慣を続けてくださいね。

続けやすいお値段を、1ヶ月分セットでもっとお得に!

消費目安:1パック(200g)約4~5日分です。 宮崎県産米・麹・十穀米を使って約10時間かけてじっくり作った十穀米甘酒です。防腐剤・添加物など使用せず出来上がりを冷凍してお届けします。 気になる方はぜひお問い合わせください!

LINE以外でのお問合せ・ご注文はこちらから

自己紹介

こんにちは、食べる事とイルカが大好き、けっこう驚かれますが子供4人いる管理栄養士のりこです。 20年以上施設や病院で管理栄養士として勤務していました。2018年より退職して朝ごはんのお店まるカフェをopen。カフェではカラダとココロが整う発酵食を中心にお食事を提供。麹ソムリエの資格を生かし甘酒や醤油麹を作っていました。また、宮崎県糖尿病療養士としての活動として、血糖が上がらないようにご飯は最後に提供、ご飯の量を選べるようにするなどして、血糖コントロールをする上で需要なポイントの一つになるご飯の知識まで召し上がって頂いていました(笑) 地域のケア会議に出席、福島高校の評議員、食育の講演、宮崎情報まとめのライター・個人のダイエットカウンセリングをしております。現在は店内での飲食はお休みして、女性に人気の十穀米甘酒と醤油麹のテイクアウトをしています。
お客様の声

ご注文はこちら

タイトルとURLをコピーしました