40代からの健康法にプラセボ効果を使ったダイエット法の取り入れ方

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、40才をすぎて太りやすさを実感しているのりっぺです。

若い頃と比べると同じものを食べても体重は増えるし、運動量も減ってきてやばい!とそろそろ何かしなきゃ!と焦り気味。といってもなかなか時間がとれず運動できていません。そのような方が多いのではないでしょうか。

そこで思い込む力でできる、プラセボ効果を使ったダイエット法をご紹介します。

40代からの健康法:プラセボ効果とは?

プラシーボ効果は「偽薬本当は薬ではない成分)を投与したにも関わらず、症状が回復したり和らいだりする現象」のことです。

睡眠薬だとお菓子のラムネを渡されて服用すると次の日は「薬のおかげでぐっすり眠れました」と言われる方もいたり・・薬ではないのに、薬と思い込むことで同じような効果がでたりします。今では日常生活でも使われていますよね。「偽薬効果」「プラセボ効果」とも言われています。

40代からの健康法:プラセボ効果でダイエットと美容効果

ダイエットや美容関連は、プラシーボ効果で効果を引き上げることができます。それほどに思い込みが重要!

ダイエット、美容にプラシーボ効果を取り入れるには、まず目標となる人物の設定から始めましょう。若くて綺麗だったころの自分でもかまいません。

写真を眺め、「自分もああなるんだ」という強い気持ちを持つことが最初の一歩です。「今まで着られなかった服を着て街を歩く自分」「異性にモテモテの自分」など、理想の自分を鮮明に思い描くてみる。

そして、毎日鏡を見て「こんなに痩せた!」「俺、かっこいい」と思い込んでみましょう。これは芸能人がよくやっている方法でもあります。ダイエット中や手入れをしているときなども積極的に「どんどん肌がきれいになる」「これで痩せるはず」と言い聞かせると良いです!

40代からの健康法:プラセボ効果で気をつけること

ノーシーボ効果の件でわかるように、人間の思い込む力は強力です。そんな強力な本能だからこそ、気を付けなければいけません。

「○○になったらどうしよう」と思うだけでもその「○○」が脳内にイメージとして浮かび上がってしまうので、自分では嫌だと思っているはずなのに「○○」の状態に近づいてしまうことがあります。

マイナス思考はできるだけしないように。「病気になりたくない」ではなく「健康でいたい」、「これ食べると太る」ではなく「これ食べると栄養がとれて綺麗になる」など考えたり、言葉に出して言ってみてください

40代からの健康法:まとめ

いかがでしたか? プラシーボ効果は、使い方によっては人生の成功には欠かせないものです。どうせ使うならプラスな方向に持っていきたいですよね!

なりたい自分へプラセボ効果を使ってみて下さい。

ここまで読んでくださってありがとうございました。ダイエット・健康に興味があるかたは↓↓の十穀米甘酒の記事も読んでいただくと嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました