4品で作る美活ドレッシングは、腸活におすすめ

この記事は約3分で読めます。

こんにちは管理栄養士のりぽです。

野菜食べてますか?

なんて突然聞いちゃいますけど…

野菜って

サラダや炒め物、和え物などの料理には必須ですね。

野菜は、一日350gが目標です。

野菜が苦手な方は味付けの工夫してみませんか?

本日は、サラダにかけると美味しい腸活ドレッシングをご紹介します。

4品で作る腸活ドレッシングの材料

全部を混ぜ合わせるとドレッシングの出来上がりです。

作り方は→4品でつくる腸活ドレッシング

サラダに腸活ドレッシングをかけると無限に食べれるうまさ

サラダの上にかけると、さっぱりしているのでもりもり食べれます。

オリーブオイルの効果

オリーブオイルには、オレイン酸やリノール酸といった健康効果の高い脂肪酸が含まれています。

悪玉コレステロールを減少させることから、動脈硬化や生活習慣病の予防や、血中コレステロールを酸化から守って、血液サラサラに。

また、オレイン酸が便の排泄効果として、大腸を刺激し動きを活発にする働きがあるそうで、便秘を解消して腸内環境を改善してくれると言われています。

肌や筋肉にも良いビタミンAやビタミンEも豊富という優れものです。

バルサミコ酢の効果

バルサミコ酢は風味豊かな調味料の1つで、芳醇な香りと濃厚で甘酸っぱい味わいが特徴。

バルサミコ酢は長期間熟成させることで水分が飛び、成分だけでなく香りも凝縮されます。

また、バルサミコ酢に含まれているポリフェノールは、ブドウ由来のポリフェノールで、その効能は優れた抗酸化作用があります。

脳血栓や動脈硬化の予防、コレステロールを抑制してくれるので高血圧など生活習慣病の予防に効果があると言われます。

甘酒の効果

甘酒には腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える食物繊維とオリゴ糖が含まれており食物繊維は水溶性と不溶性の2種類がありますが、甘酒にはどちらも含まれています。

不溶性食物繊維には腸を刺激することで排便を促す働きがあります。

また、オリゴ糖は善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やし腸内環境を整えます。

腸内環境が整うと便秘の解消にもつながり、美容にも効果が期待できますよ。

甘酒は市販品も豊富にありますが、できたてのふくよかな味わいは格別です。

甘酒というとパックに入っているドリンク、甘い飲み物をイメージすると思いますが…

いろんな、種類がある中でおすすめなのが

保存料や添加物など使っていない自然なもの

せっかく食べるのであれば添加物などないものがいいですよね。

しかも、飲むだけでなく食べるとなるともっと料理のレパートリーが広がります。

また、甘酒に雑穀が入っていると更に食材の種類が増えるので相乗効果が期待できます。

甘々咲咲 食べる十穀米甘酒はひとさじの魔法

今回使った甘酒は、甘々咲咲 食べる十穀米甘酒です。

材料は

米 宮崎県産

麹 串間産

十穀米 国内産

厳選された安心な素材

使い方は、液体と違ってバリエーション豊富

ファスティングにも使える、優れものです

ドレッシングの材料で今回ご紹介しましが

あなたの工夫次第でレパートリー広げてくださいね。

食と共に…

管理栄養士 のりぽ

タイトルとURLをコピーしました